私富田涼子は、今でこそトールペイントの中級者レベルまでにきましたが、最初のうちは、

トールペイントを何をどうやって始めていいかもわかりませんでした…

 

何事も物事始めての時というのは、手順がわからなくて戸惑ってしまいますよね?

 

そんなトールペイント初心者のために、トールペイントの大まかなやり方を今回は解説していきたいと思います!

トールペイント初心者が必ず覚えておきたいやり方とは?

トールペイントのやり方
【道具選び】
トールペイントのやり方で最も大事なのが「道具選び」なんじゃないかと思います。

というのも、私がトールペイントの初心者の時に最初に失敗したのが道具選びだったんです!

 

なるべく費用をかけないでトールペイントを始めたかったので、筆や絵の具を100円均一で揃えてしまったんですよね…

 

すると、筆は最初の一筆書きでもう毛は抜けてきちゃうし、一度洗って自然乾燥するとガビガビに固まってしまい、

二度目は使えないというシロモノ。

 

絵の具もいざ、100均のを使って素材に描いてみるも、色ムラができてしまい、きれいに絵を描けませんでした。

 

その後、「100均じゃダメなんだな…」ということに気づき、やっとトールペイント専門の道具を調べてみることに。

 

すると、筆も絵の具も、トールペイント専門のメーカーでも、筆は千円ぐらいから。

絵の具も一本200円前後とそんなに高い金額ではなかったんです!

 

もちろんトールペイント専門の筆だと、毛が抜けることもなく、筆は水洗いして何度も使うのが普通ですが、

100均のようにバリバリと固まることはありませんでした。

 

これなら最初っからトールペイント専門の道具を揃えたほうが、金額的に無駄ではなかったな~なんて思いますね。

【素材選び】

次に素材選びなんですが、こちらははじめから数千円~数万円の高級な素材を用意する必要はないと思っています。

 

たとえば、トールペイントの素材というのは、木を使うことが一番多いかもしれません。

 

木でしたら、ボードやちょっとした箱は100円均一に売っています。

 

そして最初の初心者の頃から100%完璧に上手くいくことなんてないので、私は100均の素材を複数買って何度も練習しました。

 

そして何度も描いて上手くなるにつれ、最後の作品は100均の木の箱でも見違えるほど美しい作品になりました。

 

ここまでの段階まで経験してはじめて、今度は高級な素材を用意してもいいと思うのです。

 

トールペイントの道具はトールペイント専門の道具がおすすめだけれど、トールペイントの素材についてはまずは100均で練習を重ねるといいですね!

【基礎中の基礎的な技法】

私は、トールペイントの先生に「基礎的な技法は空き時間に何度も練習してください」というアドバイスを受けたので、

 

私の暇な空き時間に何度も何度も練習しました。

 

トールペイントの基礎的な技法とは、主にカンマストロークやサイドローディング、ダブルローディングなどだと考えます。

 

これらの基礎的なスキルは、トールペイントの中級になっても、講師になってもずっと描いていく技法です。

 

「初心者のうちに何度も練習することによって、応用もスムーズに行くようになりますよ~」なんて指導されていたので、

私も素直に実践していました。

 

まあ、この先生の言葉って当然だよな、って思うんです。

 

だって、どのお稽古事でも練習なくして上達ってあり得ないですよね?

 

例えばお習字でさえ、何度も同じ課題を反復し、やっと上手い字になっていきます。

 

それとおんなじでトールペイントも基礎を反復することにより、グングン上達するということですね!